2015年5月20日

A168 大泉町の弁天池跡

練馬区地域景観資源登録の「たてもの部門」に登録された大泉町の弁天池跡(大泉町二丁目5番)のご紹介です。



白子川と関越自動車道の交差する辺りに、小さな池がひっそりと佇むオープンスペースがあります。
かつて、この場所には弁財天が奉られている池があり、明治初期には水田耕作の水の神様として信仰の対象になっていたそうです。池はその後埋め立てられて、当時の弁天池をイメージして復元された池が、その面影を伝えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿